きれいだった菜の花も終わり、種が熟し始めた頃から刈り取りです。樫邑では手刈りで刈り取ります。梅雨の合間をぬって、地域みんなで協力しあいながら、作業をしています。刈り取った菜種はそのまま、足で踏んでこなしたり、こなしきれないものは倉庫に運び込みます。
今年もカヤネズミの営巣を発見。肥料も農薬も散布せず、樫邑の自然の恵みで育った菜種。上野には生き物もいっぱいです。